recruit

今回は採用についてのお話です。

私のお付き合いしている中小企業でも従業員を採用する場合、たいていは1回の面接で採用を決定します。

2回3回と時間をかけて面接することはめったにありません。

それで逆に辞めてもらうのに時間がかかっています。

でも人事労務においては、この逆のほうがはるかにいいと思いませんか?

こういうことを切り出して特に採用について、時間をかける必要がある理由を述べますとたいていの社長さんは、そのとおりと納得してくれます。

でも実際に採用活動を始めると1回面接で雇ってしまうのです。

実際1年も経過しないうちに失敗であったと思う場合があります。また長い年月をかけてそのように思うことも多々あるみたいです。

人件費が年間500万円かかるとして20年勤務でも1億円の買物にたった1回の面接で雇用を決定してします。

ものすごいリスクのある行為ではないでしょうか?

これが物の購入だと話しが変わってきます。パソコン1台購入するにしても3社くらいから見積もりをとって、さらにこのメーカーがよいか、あのメーカーがよいか、この機種がよいか、あの機種がよいか、たった20万円前後の物に人の採用より時間をかけます。

ここらへんが中小企業の弱みではないでしょうか?

何せ20年勤務で1億円以上の買物です。

人材によっては、会社の貢献度抜群のものから労使間トラブルを生じるケースまで様々です。採用には気をつけましょう。

コメントは停止中です。

未払い残業代請求のご相談は、残業対策専門社労士の水戸労務コンサルティングオフィスへ!
サブコンテンツ
大阪市中央区にある残業代対策専門の社労士事務所です。対応エリアは大阪市、東大阪市です。

このページの先頭へ